新着情報

浴室のリフォームは何年でやるべき?一般的なタイミングと見極めのポイント


 

 

浴室が古くなってきたけど、タイミングが判らないし、

築年数が同じくらいの隣家もまだリフォームしていないし、

このままでも良いかもと思ってしまいませんか?

大事なことはタイミングを見極めること!

では、どれくらいのタイミングでリフォームをするべきなのでしょうか? 

 

浴室のリフォームは15~20年が目安

15~20年でリフォームが必要なのかと思われるかもしてませんが、

よく見ると、つなぎ目のコーキング材にヒビが入っていたりしませんか?

見た目が大丈夫だと思っても、そのヒビ割れから水が侵入し、内部はボロボロなんてこともありえます。

なぜ、内部がボロボロになるとまずいのかという理由は次の項目で解説していきます。

放置しておいて、最も後悔するのは修繕費用が高くなるということ

劣化が進んで水が染みだせば、木造住宅の場合は構造部を腐食させる可能性があり、

マンションは漏水の危険があります。

どうせリフォームするなら、そうなる前にやっておくべきでしょう。

もしそうなってからでは、当然この腐食した木材を交換する必要があるので、

余計な費用を支払うことになってしまいます。

また、20年前の設備だとかかる光熱費も今のものより高い傾向があるため、修繕費用だけでなく、

光熱費も損をしている可能性があります。

 

こんな時は要注意、お風呂のリフォームを見極めるタイミング

浴室をリフォームするタイミングと必要性はわかってきたけど、

どういうケースが発生すると検討したほうが良いのか、気になるところだと思います。

そこで、こんな状況が起こると、リフォームを検討したほうが良いというケースを解説していきます。

 

カビがよく生える、掃除しても取れない

何度洗ってもカビが取れない、掃除してもすぐにカビが生えて来るなどは、

リフォームを検討するタイミングです。

カビが取れないのは、ひび割れの中にカビが発生していることが原因の可能性が高いです。

また、掃除しても昔と比べすぐにカビが生えるのは換気扇の効果が経年劣化で弱まっている可能性があります。

カビは、感染症やアレルギー、中毒症状など引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

特に抵抗力が落ちている体力が低下している人や赤ちゃんがいる家庭では、

カビによって健康被害が出る可能性が高いため特に注意をしてください。

 

コーキング材・壁材などにひびが入っている

ひびが入っていると、そこから水が内部へ侵入していき、

上記の通り内部がボロボロになってしまう可能性があります。

そのため、ひび割れが目立つようであれば、リフォームを検討するタイミングになります。

 

排水溝からのニオイ

排水溝からイヤなニオイが上がってくる場合は、長年の垢などの汚れが付着している可能性が高いです。

排水溝の中は、通常の掃除方法だと、どうしても手入れが行き届かないため、

経年でニオイが発生してしまいます。

上記の通り、通常の掃除方法だと、汚れを除去しニオイを完全に取ることは難しいので、

リフォームを考えるタイミングです。

 

介護や老後に備えたバリアフリー化などライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化もリフォームを考えるタイミングと言えます。

例えば、親の介護や老後に備えたバリアフリー化などです。

また、高齢者になると、ヒートショックの対策もしておきたいのではないでしょうか。

ヒートショックは、暖かいリビングなどから寒い浴室に移動する際に熱を奪われ、

血管が縮むことで血圧が上がってしまいます。

その後、お湯に浸かることで、体温が上がり、また血管が広がり急に血圧が下がってしまいます。

血圧が何回も変動することで、ヒートショックが起こってしまうのです。

ヒートショックの対策は、極端に暖かい湯船に浸からないことや浴室の断熱性を高めるなどが挙げられるので、

浴室の断熱性を高めるリフォームも対策の一つになります。

 

浴室リフォームのタイミングは、15~20年をひとつの目安として考えましょう。

それとプラスして、自分の状況や家の状況はそれぞれ異なるので、

上記のリフォームを考えるタイミングを見ながら柔軟にリフォームを実施することがオススメです。

 

大分市の水回り・内装・外装・外構リフォームは大分市のフロントテックにお任せ下さい。

会社名:株式会社フロントテック

住所:〒870-1121大分県大分市大字鴛野1507番地

TEL:097-511-6999 
FAX:097-511-6393

営業時間:7:30~18:00(※FAX・メール お問い合わせは年中無休・24時間OK) 

定休日:日曜日

pagetop