新着情報

システムバス(ユニットバス)のメリットとデメリットとは?


 

 

システムバスとは

システムバスとは 、あらかじめ成形された浴槽や壁、天井や床を搬入し、

組み立てることで設置する浴室のことです。

最近の浴室ではシステムバスが一般的です。

 

システムバスのメリット

 

工期が短い

工場でつくられたパーツを組み立てるだけなので、工期の短縮につながります。

工期が短いことで、その分人件費も抑えられます。

 

掃除しやすい

システムバスは全てが浴室のために設計されているため、掃除のしやすさやカビの生えにくさ、

汚れにくさに特化しています。 

素材には汚れが付きにくいものが使用され、ついてしまった汚れも落としやすく、

カビが生えにくいよう水はけの良さが重視されています。

 床や壁、浴槽や排水溝など各メーカーとも清掃の手間を軽減する様々な工夫をしています。

 

断熱性

システムバスは部屋の中にさらに浴室がつくられるため、二重構造となります。

また、メーカーやプランなどによって違いはありますが、浴槽や壁、

床や天井にさらに断熱性を持たせているため浴室内の温度が外に出て行きにくくなり、暖かさが保たれます。

 

水漏れのリスクが低い

上記にもある通り、システムバスは全てが浴室のために設計されていることから、

水漏れに対してはかなり工夫がされています。

浴室から水漏れが発生した場合、集合住宅であればほかの住人まで大きな被害が出ることがあります。 

システムバスは防水性に優れ、漏水の可能性が低いことから、

現在のマンションなどでは必ずと言っていいほどシステムバスが採用されています。

 

誰にでも使いやすい設計

脱衣場と洗い場との段差を無くしたり、またぎやすい高さの浴槽、滑りにくく加工された床など、

お子さんからご高齢者まで安心して使える設計が魅力です。

浴室自体がかなり保温性があり暖かいため、

ヒートショックの被害が懸念される高齢者がいらしても寒い季節も安全に入浴いただけます。

 

システムバスのデメリット

 

スペースの問題

システムバスは基本的に規格サイズが決まっています。

自宅の設置スペースにぴったりのサイズが見つからないこともありえます。

規格サイズが合わず、

どうしてもシステムバスを設置したい場合はサイズオーダー可能なメーカーのものを検討しましょう。

 

設備の後付けができないことも

システムバス設置後に設備を追加する場合、壁や天井の解体が必要になるため大掛かりな工事になります。

設備によっては後付けに対応していないこともあります。

システムバス設置前に、どのようなバスルームにしたいのかだけでなく、

どのような設備があれば利便性を高められるかを吟味し、オプションの有無を決定しましょう。

 

限られたデザインからしか選択できない

最近のシステムバスは浴槽や壁の色、素材のバリエーションが広がってきましたが、

メーカーで扱っているものの中から選ばなくてはならず、

パターン化するため自分好みのデザインが見つからないこともあります。

素材にこだわりたくても、メーカーで用意されていなければ取り入れることができません。

工場で生産されるため品質に差が生じにくく、お気に入りのデザインが見つかれば満足な浴室がつくれますが、

自由度の少なさは否めません。

 

まとめ

システムバスは浴室としての機能が高く、手入れなども簡単に行えるメリットがある一方、

スペースもデザインもある程度決まったものからしか選択できません。

漏水で階下に被害を出したくないマンションなどの場合や、毎日の掃除のしやすさ、

長年最低限のメンテナンスのみで使いやすいお風呂を実現したい場合にはシステムバスがおすすめです。

一方、システムバスにはないような特別なデザインの浴室を検討している方には、

在来工法(防水加工を施してからコンクリートで基礎をつくり、床や壁など現場で一から浴室を作り上げる工法)

しか実現ができない場合もあります。 

使用頻度の高い浴室だからこそ、

ご自身やご家族にとってより過ごしやすく使いやすい浴室の設置を検討してみましょう。

 

大分市の水回り・内装・外装・外構リフォームは大分市のフロントテックにお任せ下さい。

会社名:株式会社フロントテック

住所:〒870-1121大分県大分市大字鴛野1507番地

TEL:097-511-6999 
FAX:097-511-6393

営業時間:7:30~18:00(※FAX・メール お問い合わせは年中無休・24時間OK) 

定休日:日曜日

pagetop